【 店頭を取り巻く現状 】

家電の購入の際にリアル店舗で直接購入するか、ECサイトで通信販売で購入するかをユーザーが 選択できる時代になり、購買行動の変化と共に量販店を取り巻く環境は激変しています。

インターネットやモバイルテクノロジーの発達によってシングルチャネル→マルチチャネル→オムニチャネルと時代に合わせて移り変わってきた企業のマーケティング戦略はオンラインとオフラインを融合させ、ユーザーは複数のチャネルから情報を得ることができ、また購入方法も自分に都合の良い方法を選択することが可能になりました。

そんな中、リアル店舗とECサイトの融合が進み、家電量販店の店頭の役割にも変化が見られるようになってきました。 その大きな要因として挙げられるのが、ショールーミングとウェブルーミングという2つの購買行動です。

【 ショールーミングとウェブルーミング 】

             
真逆の行動傾向とされるショールーミングとウェブルーミングですが、注目すべきは両方の購買行動の流れにおいて、実店舗が「商品を実際に見たり触ったりして確認」する為に重要な役割を果たしていることです。 ECサイトで手軽に商品を購入出来るようになった今でも、商品を実際に確認し、納得してから購入したいというニーズは無くなりません。         
【 販促ツールの重要性 】

店頭販売員の減少や知識の低下に伴い、多くの商品が並ぶ店頭では商品の魅力を的確に伝える事が難しくなってきています。
そのような売り場環境の中でも、正確かつ簡潔に商品の魅力を伝える事が出来る存在としてPOPや什器の必要性は高く、常に商品をPRし続ける販促ツールがお客様を納得、購買へ繋げる事が出来ます。

リアルショップで展開をするにあたって必須となる売り場のメンテナンス。
近年はインバウンド需要の拡大により海外のユーザーも増加し、様々なお客様が店頭で商品に触れる機会が増えしました。
その反面、売り場がすぐに乱れてしまうため、セールスが定期的に巡回するのが理想です。
ですが、"メンテナンスの為だけにスタッフを直接雇用するのはコストが高すぎる""専任のセールスを配置するには高額なコストがかかってしまう"という声が有るのも事実です。
【 店頭展示に必要な要素 】

欲しい情報がいつでも手に入る現在、ユーザーが店頭で求めているのは気になる商品を「体験すること」です。
画像では伝わり切らない商品の質感や操作感、事前に見たレビュー記事で気になっていた点の確認など、店頭はオンライン上の情報を補完する重要な役割を担っています。
つまり、店頭展示にユーザーを納得させるだけの要素が足りなければ、いくら気になっている商品と言えども購入に至る可能性は低いということです。
【 シェアセールスプログラムのメリット 】


全国の主要大型量販店にルートを持っている弊社のセールスマンを活用することで、新たにスタッフを雇用する必要性が無くなり、御社の売り場を低コストでメンテナンスすることが可能になりました。


是非ともご活用ください。



【 販促ツールもおまかせください 】


弊社ではシェアセールスプログラムだけでなく、販促ツールを提案~製作まで一貫して行っています。 ご予算や納期、販促ツールが必要な商品の詳細などお教えいただければ、ご希望に合わせてご提案いたします。 店頭販促でお困りごとが有ればなんでもご相談ください。






大阪オフィス

〒532-0011大阪府大阪市淀川区西中島4-6-30 チサン第5新大阪301
tel: 06-6390-2380
fax: 06-6300-7131


東京オフィス

〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-6 BIZMARKS赤坂1F
tel: 03-6869-0446

メールはこちら info@rfc-ad.com
RFCの最新情報をFacebookでcheck!→

RFCホーム
広告代理事業部 / /児童福祉事業 / お問い合わせ
決算公告/ プライバシーポリシー